海外FXはチャレンジ精神で挑む

FXの本来の意味は外国為替(Foreign Exchange)のことである。通貨の異なる外国との取引の際に現金を直接送ることなく小切手等の信用により決済することである。

しかし、近年は外国為替証拠金取引の意味で使われることが多く、ネットワークの発達と法改正により、ここ2000年代初期から急速に広がった。

主な仕組みは、運営している証券会社に口座を開いて証拠金を預け、それを担保に取引する。

通常の外貨預金と異なるのは、レバレッジにより証拠金の最大25倍(個人向け口座の場合)までの取引ができること、売りから入り後で買い戻すといった取引ができること、ある国の通貨で別のある国の通貨で取引ができることなどである。

24時間取引が可能なこと、レバレッジにより少額から始められるといったこともあり、年齢・職業・性別を問わず多くの人が参加している。うまくいけば一獲千金も夢でないのは確かであり、それは全てのトレーダーの夢である。

しかし一方では、2008年のリーマンショックにより大きな損失を受け、殆どの財産を失った人も大勢いるのもまた事実で、FXにはギャンブル的な要素が含まれていることを改めて知らされることになる。

利益を確保していくには如何にしてリスクを避けるかが勝負を左右する。その判断ができない場合は、参加しない方が賢明といえるだろう。

XMを代表とする海外のFX業者の中には、スワップポイントがかなり高く設定されているところもあります。継続して保有していることで、ポイントを大量に手に入れることが可能となっている方法で、高い水準を得続けていれば、稼ぎも沢山手に入ることが期待できます。

業者によって設定されている水準は異なりますが、日本よりも高い数字が適応されていることがあります。

元々海外の業者は、スワップポイントが高めに設定されていて、継続して保有することのメリットがあります。しかもレバレッジが高いことで、小規模の金額で運用することが可能ですから、スワップポイントが高いことで、更なる利益を得られるようにしています。

少ない金額で高いものを狙うことが、スワップポイントによって可能になっています。

保有し続けることによって、沢山の金額が得られていることがメリットとなっていますが、あまりにも無謀な方法はしないようにして、できる限り増やしやすい方法を使ってください。

国内のFX業者と海外FX業者を比較すると、預ける口座資金に関して一番不安を抱く人が多いと思います。

私も最初はそのように思い、それが海外FXに参入する事が遅くなった理由です。しかし、海外FX業者で人気があるところは日本の業者と比較して、桁違いの資金力や信用性があります。
なぜなら、それこそ世界中の投資家からお金を預かるのです。中途半端な信用しか無ければ、そこまで人気業者としての地位を得る事は出来なかったはずです。

自分だけが不安に思っているだけで、実は世界中では日本業者の方が不安で怪しい業者に思われている事も多いのです。最近の日本人や特に若い人達は、海外旅行や留学をしない人が多いそうです。

それは、海外FXに挑戦しないのと、同じような心境なのかもしれません。私は失敗しても良いから、まずは海外FXに挑戦すべきだと思います。

実際に行って、そこからハイレバやチャートなど学ぶ事も多いのです。そしてそれが、いつか国内業者で取引をする時に活かされると思います。