カテゴリー別アーカイブ: FXのココが良い

FXでの資産運用

資産運用をしようとしても先立つお金がそんなにないという方はFXを考えてみてはどうでしょうか?FXはレバレッジをかけられるので少ない資金で大きく運用ができます。

しかし知識をつけないと為替の世界では絶対に通用しません。簡単そうに思えるスワップ金利を得る資産運用でも知識は必要です。その国の通貨が安全なのかこの先の価値はどうなるのかとかザックリとでも考えなければなりません。スワップ金利が大きくても戦争がすぐ起きる国の通貨はすぐに売られ通貨の価値が下がってしまい損をしてしまいます。

初心者の方はまずテクニカル分析をしてレバレッジは低めにしてデイトレードがいいかもしれません。自分でエントリーの判断がつかないときはエントリーはしない方がいいでしょう。

トレンドフォロー戦略で相場の動きについていくエントリーの方が勝率もあがります。そこから重要なのが損切りと利益確定の設定です。最初はよくばらずに少しの利益でも出していくことを積み重ねていけることが大切です。

そうしていくことで大体の値幅が見えてきます。経験が蓄積されていき勝てるトレーダーになるのです。

副業にいいかも

最近何かとよく耳にするようになったFX。今までは全くと言っていい程関心がありませんでしたが、このところはそうでもありません。

パソコンやスマホで手軽にできる事から、初心者の私にもできそうな気がしてきたからです。
以前までは株とか投資とか仕組み自体をよく分かっていませんでしたし、それをやるには知識はもちろんの事、高性能のパソコンが必要だと思っていました。

ほら、よく映画とか漫画とかで見かけませんか?パソコンを5台くらい並べて、それらを素早い手つきで操作しているのを。

とまあ、FXで成功するためには、あんな感じで複数台の高性能パソコンとそれを操る優れた技術、そして株や投資に関わるあらゆる知識が必要になってくるのだと思っていました。

が、今では一般主婦の方がスマホ片手に日々利益を生んでいる時代であり、そうなると、やらないのはものすごく損をしているような気がしてなりません。

今は本業があるので、ドップリ浸かるわけにはいきませんが、副業がてらちょっとやってみようかな。初心者にもそれをするだけの環境は整っているような気がします。

システム任せでは駄目

FXを行っている人からすれば、FXの自動売買は非常に魅力的に見えるでしょう。しかし、今現在様々な自動売買システムが存在しているので、どれを選んでいいか分からない方もいるでしょう。

では、自動売買システムを利用する際に、どの様なポイントで選べばいいのでしょうか。まずは、FXの自動売買システムにはどの様なものがあるのか知る必要があります。大別すると自動売買システムは無料で行うものと有料で行うものがあります。

有料・無料にかかわらず自動売買システムはさらに二つに分かれ、売買のタイミングを利用者に知らせて売買事態は自分で行うものと、全てをシステムが執行するものに分かれます。

どのシステムを利用するにしても、最も重要なのは結果が出せるか否かですが、自動売買システムは玉石混交なので見極める必要があります。ですから、自動売買システムはいくつか種類を用意しておいてその時の相場に合わせて使い分ける事が肝要です。加えて、100%システム任せで取引を行う事は危険なので注意した方がいいです。

投資している額の25%程度を自動売買システムで運用し、残りは自分で運用する方が賢明です。

また、ある程度慣れてきたら、自動売買システムをカスタマイズして運用できるようになると理想的です。

一番大事なのは結局ルールの徹底

FXにとって一番大事なことはなんでしょうか。
ファンダメンタル分析でしょうか。テクニカル分析でしょうか。
運用する証券会社でしょうか。スワップでしょうか。

為替相場は自分の思った通りには動きません。
どんなにファンダメンタル分析しょうとテクニカル分析をしようと予想通りにいくことのほうが少ないです。

プロでさえ勝率5割を超えている人なんて一握りの人です。

そういう人たちを相手に個人の人が勝てることさえ奇跡かもしれません。
ただ、知識をたくわえていくと、次の動きが5割以上の確率で想定できることがあります。
こういう場合は今までの歴史上、経験上、上がる場合が多い、下がる場合が多い、そういう場面に出くわすことがあるはずです。そういう場面できちっと利益を出していくことが大事です。

文字面でいうだけでは簡単です。そういう場面を待っていればいいだけなんですから。
でもみんなできません。なぜでしょうか。

感情的に動いてしまうからです。

そういう場面を待てずに自分の思い込みでポジションを持ってしまう、逆にポジションを持っているから希望的観測で買い増してしまう、利益は多く損切りは早くが鉄則と知っているのに損が嫌で損を確定できない。
負ける人はみんな経験したことがあるんじゃないでしょうか。

結局よく言われているように一番大事なのは自分で決めたルールを絶対に守るということです。
それを半年続けてみてください。小さいかもしれませんが、きっと利益がでます。
あとはそれを続けていけばいいのです。

外貨預金代わりにFX

FXというとギャンブルといったイメージがある人もいることでしょう。確かに未来の通貨価格を知ることは不可能です。

チャートを利用したテクニカル指標を用いる人も多いですが、これは過去のデータから未来を予測するだけのものであり、必ずそうなるとは限らないものです。FXを始めたは良いが負けが続いて市場から退場する人は後を絶ちません。

でも、FXも使いようによっては非常にリスクを少なくしながらそれなりのリターンを得る方法もあります。その一つがFXを外貨預金代わりに利用することです。FXのメリットであるレバレッジを聞かせた取引ができるというメリットを捨てて、あえて低レバレッジで運用し、毎日のスワップポイントを得る方法です。

もちろんこの方法にもデメリットはあります。レバレッジを高くできない分相対的な利回りが低くなってしまうことです。また業者によってはポジションを決済しない限りスワップポイントを受け取れないこともあります。

この方法は、コツコツとためることに耐えられる人で、毎日の価格変動に一喜一憂しない人に向いています。この方法が自分に合っているかどうか、よく考えることが必要です。

マスコミでも話題のFX

近年、テレビや雑誌で特集が組まれるほど人気を博しているFXですがどのような特徴があるのでしょうか。

FXは外国為替証拠金のことで、小額の資金でレバレッジを効かせて多額の資金を運用することができます。

以前は、投資のプロしか使っていなかったレバレッジ取引ですが近年では個人投資家も広く利用するようになりました。これはFXが個人投資家に支持を受けていることの裏付けでもありますし、今後のFX取引の拡大を確信させる傾向でもあります。

そんな個人投資家中でも特に主婦層はFXを好んで取引しています。

これは子供を育児や自宅の家事と兼業しながら取引ができるからです。買い物をする時でも現在はスマートフォンとタブレットのアプリから注文を出すことが出来ますし、注文が成立するとメールが届くように設定することができるのでいちいち確認する手間も省けます。

そんなFXですが、注意点としては利益が出ても損失が出ても自分で確定申告をしないといけないのでこの点は留意しておきましょう。

有利なFX

私は株式投資をやっているのでお金儲けについて感心はあります。最近私はFXについて調べてみたのですが、株式投資もしてFXでそれなりに利益を出すことは難しいことが分かってきました。

その理由は株式投資では割安株というものがあるのに対してFXでは割安な通貨というものが存在しないのです。

私のようにPERが10倍以下でPBRが1倍以下の株式を探して投資するといった所謂割安株を見つけてはそれに投資して、それが値上がりるまで待つというような投資をして利益を出そうとするセコイ投資手法の人にはFXではそのようなやり方が通用しないのでFXをやりたくてもできないのです。

そこで、私はもう少しだけ考えてみました。

私の考えたやり方は、ごく短期的は取引ではなくスワップをもらうというや仕方です。

この投資ならば、スワップをもらうことを前提に投資をするので、たとえFXで含み損を抱えても長期的に見ればこのスワップで解消できるのはないかと思いFXを始めたのです。