一番大事なのは結局ルールの徹底

FXにとって一番大事なことはなんでしょうか。
ファンダメンタル分析でしょうか。テクニカル分析でしょうか。
運用する証券会社でしょうか。スワップでしょうか。

為替相場は自分の思った通りには動きません。
どんなにファンダメンタル分析しょうとテクニカル分析をしようと予想通りにいくことのほうが少ないです。

プロでさえ勝率5割を超えている人なんて一握りの人です。

そういう人たちを相手に個人の人が勝てることさえ奇跡かもしれません。
ただ、知識をたくわえていくと、次の動きが5割以上の確率で想定できることがあります。
こういう場合は今までの歴史上、経験上、上がる場合が多い、下がる場合が多い、そういう場面に出くわすことがあるはずです。そういう場面できちっと利益を出していくことが大事です。

文字面でいうだけでは簡単です。そういう場面を待っていればいいだけなんですから。
でもみんなできません。なぜでしょうか。

感情的に動いてしまうからです。

そういう場面を待てずに自分の思い込みでポジションを持ってしまう、逆にポジションを持っているから希望的観測で買い増してしまう、利益は多く損切りは早くが鉄則と知っているのに損が嫌で損を確定できない。
負ける人はみんな経験したことがあるんじゃないでしょうか。

結局よく言われているように一番大事なのは自分で決めたルールを絶対に守るということです。
それを半年続けてみてください。小さいかもしれませんが、きっと利益がでます。
あとはそれを続けていけばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です